ebird golfweb

主にライターとして活動する児山和弘のゴルフ情報サイトです

*

PING「i20」ドライバーをリシャフト Vol.1

      2013/08/18

私は、セットの中では比較的ドライバーが得意。
飛距離もそこそこ出るし、そんなにOBも打ちません(※打つときはたくさん打ちますけど。。)。

それでも飛距離はもっと欲しいわけです。
いつもお世話になっているマーク金井さんが、今もっとも「飛び指数」が高いと評価しているのが、このピンの「i20」ドライバーです。

具体的には、

1. ヘッド重量が重く
2. 低重心で
3. 重心距離が長い

という、飛ばしの要素を高水準で備えているということ。

先日、たまたま「i20」ドライバーにクレイジー「BLACK TJ-80」シャフト(フレックスSX)が装着されたクラブを打つ機会があり、その弾き感に魅了されたこともあり、ついに購入に至ったというわけです。

ピンには「G20」という安価で高性能なクラブも出ていて、正直迷いました。

週刊ゴルフダイジェスト連載でも何かとお世話になっている練馬の工房「Studio CGA」の山崎さんによると、それなりの本数のリシャフトをしたところ、カタログでの評価とは違い「G20」のほうがロースピンで、良い結果が出ているということでした。おすすめも「G20」。

しかし、見た目と上記クラブの感触もあって、最終的に「i20」をチョイスしたというわけです。

購入したのはUSモデル。
今回は、リシャフト前のスペックを紹介します。

「i20」ドライバー ロフト8.5度 PING TFC707D Xフレックス。

リアルロフト 8.2度
ライ角 58.5度
シャフト長 45インチ (60度法)
総重量 320.9g
バランス D2.2
振動数 283cpm

振動数283cpmは、強烈に硬いシャフトです。さすがUSモデルのX。

このスペックで、打ってみましたがボールは上がらず、不安になる結果に。。。
しかし、スピン量は少なく、打ち出し角が確保できれば、なんとなく飛びそうな雰囲気。

※ここからは、悪口ではないので注意して読んでください。

シャフトを抜いてみると、ネック寄りにウェイトが入っていました。
なんと、わずか0.8g。。
この程度の重さでは大きな意味があるとは思えませんが。。

ウェイトのせいか、シャフトの接着寸は27mmとかなり短め。
「アナライズ」のクラフトマン、赤坂さんに聞いてみたところ、最近のピンは接着寸短めという話もありました。

「Studio CGA」では、ウェイトは入っていないものもあれば、数グラム入ったものもあったということです。

ウェイトを除いたヘッド重量は、202.1gでした。

PINGのウェブサイトを見てみると、USモデルと日本モデルで、カタログ上のヘッド重量が異なっています。そこで私のささやかなる憶測としては、同じヘッドにウェイトを挿入することで重量を変更しているのではないかと思います。根拠なし。

ヘッド重量にしてもスペックを公開しているピンはやはりすごい。
ネックのウェイトも短めの接着寸も何か意図があるのかもしれません。

いずれにせよ、純正シャフト(Xフレックス)では、使うのは大変そう。

次回は、リシャフト後の結果を書くつもりです。
シャフトは、現在、大変な人気となっている日本シャフトの「Reggio Fomula」です。

 

 - ゴルフクラブ