ebird golfweb

主にライターとして活動する児山和弘のゴルフ情報サイトです

*

【アナライズ 楽天市場店】 MSウェッジについて。

      2013/10/07

アナライズ「MSウェッジ」を横から並べた写真です。
昨年初頭に発売された「MSウェッジ」は、なかなかのスマッシュヒット。
アナライズはメーカーとしての実績もなく、異形はなかなか売れないというゴルフ界の常識もある中、大成功したクラブです。

このところは、コンセプトは同様ながら、素材にソフトステンレスを使用した「Lynx SSウェッジ」を発売。こちらも連日ゴルフショップでランキング上位になるなど、大変良く売れています。

設計・監修のマーク金井さんは、「これだけいろんなクラブを打ってる人間が作ってるんだから」と、こっそりと私に語ってくれて、このクラブの性能の確かさと並々ならぬ自信を感じました。

とにかく結果の出るクラブというのが、私の評価。
はっきり言うと、打ち方が多少悪くてもそこそこの結果になります。
もちろんいい打ち方をするとそれに応えてくれます。

アプローチで大きなミスをしてる割に、使ってるクラブは難しいクラブという方が多い。
特に、ローバウンスで、ソール部のトゥとヒールをごっそり削っているものは特に難しいです。
練習場だと、スパっと抜けて気持ち良いですけどね。
コースではミスになりやすい側面があります。
例えば、チャックリ、ダフリ、ハーフシャンク、大ショートなど。

打ち比べると、歴然とした結果が出ます。
上級者の方はテクニックも意外と活かせるんです。

グースネックでラインも出しやすいし、なかなか手放せないクラブです。

組み付けをアナライズでやっているのもポイント。
ご存じの方も多いと思いますが、ほとんどのメーカーのクラブが、ヘッドの個体差やシャフトの挿入角度が良くなくて、ロフト角やライ角に誤差が生まれています。アナライズで組めばそうした根本的な不出来は無い上、スペックを指定したり、シャフトやグリップを差額だけで好きなものに変更できます。

まずは「Lynx SSウェッジ」でお試しいただいてという手もありですね。
「SSウェッジ」で採用されているソフトステンレス素材は、「MSウェッジ」の国産軟鉄鍛造ヘッドほどの軟らかさはないものの、締まった打感で距離感も出しやすく、私も気に入っています。

・アナライズ 「MSウェッジ」 21,000円~  ・リンクス「SSウェッジ」 9,980円~
http://item.rakuten.co.jp/analyze2005/c/0000000100/

 - マーク金井のアナライズ , , , ,