ebird golfweb

主にライターとして活動する児山和弘のゴルフ情報サイトです

*

ONOFF 「ラボスペック W358」ウェッジ と ピン「EYE2」

      2012/08/24

週刊ゴルフダイジェストの取材で、グローブライド「オノフ ラボスペック W358」ウェッジを打ってきました。
片山晋呉プロ監修で、ご本人も実戦で使用されてるモデル。
詳しくは、週刊GD9/4号の「ゴルフギア探検隊」連載で。

現在のウェッジはティアドロップ型と呼ばれるタイプが主流。
ボーケイ、クリーブランド、キャロウェイなど皆そうです。

このウェッジは、グースでかなり異端児。
一見、名器「リンクス マスターモデル」みたいな感じかなとも思ったのですが、構えるとピン「EYE2」にかなり似てました。

しかし、比べてみると微妙に違うところがあって、グースも小さく、フェースにやや丸みのある感じです。

トレーリングエッジや、ヒール側のバウンスが、がっつり落とされていて、ここが大きな違い。
「EYE2」は、開くとバウンスが利きやすくなっています。現代でもやさしいウェッジと言われる所以です。

使ってみると、すごい切れ味で一本欲しくなりました。
バッグに入れる人も少ないでしょうしw

でも、切れ味するどいクラブは諸刃の剣でもあります。
テクニックが使える上級者向けですね。

 - ゴルフクラブ