ebird golfweb

主にライターとして活動する児山和弘のゴルフ情報サイトです

*

ベテランプロとの対話

      2012/11/05

僭越ながら、月刊ゴルフダイジェスト10月号(2012年)の巻頭特集、「ドライバー上達会議」に登場しています。
「なぜアマチュアゴルファーは今日イチが続かないのか?」をテーマに、湯原信光プロ、角田浩導プロ、内藤雄士コーチとの対談です。

個人的にもかなり面白い話が聞けたのですが、特に超トッププロでクラブにも極めて造詣深い湯原信光プロとご一緒できたのは大変光栄なことでした。湯原さんは、内藤さんがお生まれになる前から高井戸ハイランドセンターで練習されていたんだとか。

特に面白かった話を2点ほど紹介。

ひとつ目は、私がゴルファーは否応なしにクラブに左右されるので、違うクラブを持った瞬間に無意識に違うスイングになるという話をした時。
湯原プロは、当然のことながらそれらのことを理解し、自分のスイングにマッチする重心特性を数値的に把握されていて、その特性と異なるクラブは一切触れることは無いのだとか。そうしないと、スイングが変わってしまうとのこと。
幸いクラブメーカーさんとその辺が共有できていて、自分の納得できるクラブが継続的に使えているとのことでした。メーカーさんもいい仕事されてますね。

もうひとつは、湯原プロはいまだにドライバーのシャフトで80g台のものを使用されているということ。そうでないと、アイアンとマッチングしないと言われてました。

現実には、長さとかヘッド特性の問題もあるのですが、とても興味深い話です。
以前は多くのひとが、80gくらいのシャフトを使ってたわけでもあり。

内藤雄士コーチにも、実際にティーチングされているトップゴルファーのお話や、ゴルフジムでのアマチュアゴルファーの傾向などを色々お話いただきました。このへんのお話は後日また書こうと思います。

 - ゴルフクラブ