ebird golfweb

主にライターとして活動する児山和弘のゴルフ情報サイトです

*

FWの流れを揃える話

      2014/10/06

ついゴルで、ご一緒された方にアナライズの常連さんがいらっしゃって、クラブのセッティングはほぼアナライズで行われてるということでした。

ドライバーもなかなか良かったのですが、とりわけFWが好調。 ご本人もクラブがマッチしていることに手応えを感じておられました。

FWは、ロフトが少なく、シャフトが長く、地面から打たなければならないわけで、セッティングの中でももっとも難しいクラブとも言えます。そのうえ、実際にラウンドの武器とするには、なかなかマッチしたFWが無いのが実情です。市販されているFWは、ドライバーやアイアンに比べて軽すぎるものが大半で、大きなミスを誘発する要因になっています。

FWをセッティングにフィットさせるには、重さ、シャフトの硬さや挙動、ロフト角・ライ角・フェース角などを適正に揃える必要があります。が、コレがなかなか難しい。

パーツの選定を行った上で、加工前加工後のスペックをチェックし、適正に組み付けしなければいけません。 メーカーのカスタムや、リシャフトを行えるショップであっても、このあたりがきちんとできていないことが少なくないのが実情。それには理由があって、きちんと精度高く組み付けを行うのには、手間と技術とパーツの目利きが必要であるからです。

FWやユーティリティーが武器にならないと、距離の長いコースでは太刀打ち出来ません。これらの長いクラブでのミスが多いのは、おそらく半分以上クラブのせいではないかと思います。セッティングがビシッと決まったらミスは激減します。結構、快感ですよ。

というわけで宣伝ですが、【アナライズ プレミアムリシャフト】をぜひご利用ください。 ご不明な点をメールなどでやり取りしながら、結果の出せる加工を行います。 もちろん、加工後のスペックを測定しお渡しします。

クラブの安心感、信頼感にもつながります。 まずはお問い合わせから。ぜひご利用ください。

【アナライズ プレミアムリシャフト】 http://www.rakuten.ne.jp/gold/analyze2005/about_premium_reshaft.html

 - ゴルフクラブ , ,