ebird golfweb

主にライターとして活動する児山和弘のゴルフ情報サイトです

*

ピン「i20」ドライバー近況

      2013/08/22

6月にドライバーをPING「i20」に替えてから早幾歳月。
すでにNEWモデルの「ANSER」ドライバーも発表になっているようですが。

とにかく、このドライバー飛ぶ。
ちょっと上目の打点でボールがつかまると、ちょっと怖いくらい飛びます。
同じホールで比べるとよく分かるのですが、いつもよりずっと先にボールがあることも少なくないです。

ロフトは8.5度表記。
リアルロフトを計測すると8.6度とほぼそのまま。
余談ですが、ロフトの少ないスペックほど、表記と実測値が近似する傾向があります。

シャフトは、先端が硬いとされる日本シャフトの「Reggio Fomula」を65Xで。
ヘッド特性とロフト角、シャフトとかなりのロースピン仕様になってます。

GD連載でも多用している弾道解析機「FORESIGHT GC2」で計測すると、2200-2300回転/分くらいのスピン量で一番安定して飛距離が出ています。

その結果、当たると強烈に飛ぶのですが、縦の距離にバラつきが大きい。
重心距離が長いせいか、つかまり切れずに右に逃がすミスも出やすいです。

バカっ飛びはするけれど、安定感にかけるのが悩みの種。
「G20」にしてみようかな。。
もう少し研究してみるつもりです。

マスダさんの「スリックフィット」グリップは良いです。
そのうち全部交換したいと思います。

「i20」ドライバー ロフト8.5度 日本シャフト Reggio Fomula TYPE65 Xフレックス

リアルロフト 8.6度
フェース角 -0.75度
ライ角 58度
シャフト長 45.125インチ (60度法)
総重量 323.7g
バランス D2.3
振動数 263cpm

ヘッド重量 202.1g
シャフト重量 66.6g(カット前70.2g)
グリップ重量 51.5g (Masdaスリックフィット)

 - ゴルフクラブ ,